鉄拳の覚書

鉄拳について気ままに書いてるモノ。吉光中心。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅刹対策としての華輪

2007.10.29

category : キャラ対策

comment(6) trackback(1)

両横に強いデビル仁の羅刹門でありますが、華輪には当たりません。

とりあえずデビル仁のLPヒット後でもかわせるので、基本的に相当不利でもかわせます。

さすがに不利すぎると2発目が届いてきたりしますが、そうでないほとんどの場合は、華輪~左横移動で2発目をかわして相手の側面をとることができます

そこからは単純にアッパーなどで浮かせばOKなんですが、もう少し欲張ることも可能です。



●華輪>左横移動>卍葛1発>6LP>隼~

側面取りから葛を使って地上コンボ。
6LPはRPにできますが、軸ずれが足りないとRPが謎のスカりを見せます。
この軸では隼が正面ヒットでレギュラーコンボ、背面ヒットでもP~紫電菊(1,2,4,6)までいけます。
また、葛の後に直でアッパーも確定しますが、軸が安定しないためコンボが非常に難しいです。

●華輪>左横歩き>鬼薊>吹雪

字で書くと短いですが半分以上減ってます。
左歩きの量が若干シビアで、回り込み過ぎると3発目しゃがまれ、足りないと2発目スカります。
とはいえ狙えるレベルなので狙っていきたい一手。

●華輪>左横移動>卍葛1発>吉光ブレード>地雷刃>潜り頭蓋

究極的に知ってそう。
ブレードのヒット位置が面白いので特殊な技で拾えたらなお面白いんですが、地雷刃程度?
潜り頭蓋の後にその場起きで受け身に3択、後転受け身に露払いが届くなどなかなか起き攻めが優秀。



ちなみに羅刹門3発目を出されていても当たりはしませんが、この場合側面をとれません。
なので基本的には2発目避けた瞬間にアッパーです。

ただし、「固定連携としての羅刹門」を打ってくる場合はこういったものが狙いやすくなるので、意識すると面白くなるかも。
例としてはLPガード後や3LPガード後、羅刹2発止めヒット後およびカウンター回復後などなど。
スポンサーサイト

ヘイルストームの確定反撃

2007.10.26

category : キャラ対策

comment(5) trackback(1)

アンナのヘイルストーム(9LPLKWK)出し切りへの側背面確定まとめ。

とりあえず3発目を横移動でかわします。お約束。



●横歩き>ロングレンジスロー(背後投げ)

グローバルスタンダード。大安定。面倒だったらこれでいきましょう。
左移動の場合は掴むのが遅れると側面投げになります。右がオススメ。



●右横移動(歩き)>ダッシュ>卍葛1発>右アッパー

卍葛は背面ヒット。アッパーは暴れたら正面ヒット、それ以外は背面ヒット。いずれもフルコンボ入るので計70ダメージはとれます。おそらく最も安定してまとまったダメージがとれる。
卍葛を早めに出す場合はダッシュが必要ないときもあります。
ダブルアップとして、葛の後に鬼薊も狙えます(暴れ以外に全段ヒット)。



●右横移動(歩き)>ダッシュ>卍葛1発>RP>隼~

1つ上の発展形。
隼が正面ヒットすれば期待値が高い、しかし背面ヒットした際は少々安くなります。
見た目は知ってそう。



●左歩き>6RK始動十連コンボ

ネタ系確定。
4発目まで確定ヒットして裏返ります。さらに派生の旋風剣を出せば、暴れと右横移動以外にヒット。
暴れの場合15Fまでで割れますが、軸がずれているため、ジャブやしゃがパンは当たりません。
さらに暴れる場合、もしくは右移動をする場合はRKの方に派生すればヒット。続いての下段はガードされても、次の派生はしゃがパンか横移動が対処なため、期待できます。
実は直前がカウンターヒットしてても下段はさばけてしまうので一発ネタ。

擬似しゃがみステータス櫓落とし

2007.10.24

category :

comment(0) trackback(0)

最近気付いたんですが、案外使えます。

やり方は、先行入力でない状況で櫓落としを打つだけ。
コマンドは214WPそのままでいいんですが、このとき、気持ちだけ2を長めに入れます
この時に相手の上段攻撃と重なるとしゃがみ状態になるため、そのままのコマンドがうまい具合に華厳に化けます。
あるいは、上段攻撃を一瞬しゃがんで櫓落としという高等テクに化けます。

狙いどころとしては、

ステップインから狙うついでで置き風警戒
 → 最風ならしゃがんで華厳(確定)、打ってなければ櫓で掴む

スラッシュキックをガードさせた後にステップインから狙う
 → ジャブ暴れに対応、固まってれば櫓で掴む

といったところ。

探せばもっと有効に使える状況があるかもしれません。

ただ、投げモーション自体がしゃがステなわけではもちろんないので、そこに合わせられれば技をくらいます。
普通に櫓落としを狙う場合に副作用として期待する、という使い方がメイン。

吉光攻略DR最終版

2007.10.17

category : 戦術

comment(12) trackback(1)

DRももうすぐ終わりということで、DR最後の吉光攻略を書こうかと思います。

▼はじめに

この攻略は、吉光をゼロから始める攻略…ではありません。
少なくとも、吉光でそれなりに対戦したことがある、という人が対象です。

よって、コンボや起き攻めといった基本的な部分は省いてあります。
そのあたりの内容については過去記事として、左の「吉光攻略:対戦攻略」などのタブから参照できますので必要な方はどうぞ。

この攻略では、○○の後に××が強い、といった固定連携にはあまり重点を置かず、勝つためにはどうするか、何をするべきかという対戦における考え方や動き方について書いていきたいと思います。

*注意*
この攻略記事は筆者の個人的主観と独断の元に書かれていますので、「それはない」といった部分も数多く存在するかと思います。そのあたりは華麗にスルーするかご指導をいただけると幸いです。



攻略は基礎編・応用編・テクニック(ネタ)編の3部構成になっております。

長いので画像を入れて緩和しましたがやっぱり長いのでごゆっくりどうぞ。



続きはこちら >>

札幌遠征 07/10/06

2007.10.09

category : 日誌

comment(4) trackback(0)

先週末は札幌遠征。

この日は北見からやまーすさんやじゃにあんなさんが遠征で来ていたり、SSSさんや池上さんも来ているなど結構な賑わいを見せる。

始めは苫小牧プレイヤーのYu-1しかいなくてちょっと対戦してました。
ブラとか処理してたんだけど、平八が随分強くてあっさり処理される。
すると「平八で快勝した」とか言ってて相変わらずの口プレイです(笑)

んで、今回はカリスマ先生(クロ君)との鉄拳王戦がありました。
カリスマ先生は『カリスマ』とかいうチームに所属してて、一言コメントも

「オレこそがカリスマだ。」

とかなんか仕上がってる。

対して俺の一言コメント
「バレたら勝てません」

…なんだこの自信の差は。

そんな試合開始前の画面を眺めつつ王戦スタート。

注目の立ち上がりはというと、コメントの勢いそのままにカリスマ先生のペース。
面白いように刺さりまくるドラゴニック。露払いもキレイに右ウェービングされてて、なかなかキレイに処理されてる俺の吉光君。
てかそれ以前に、クロ君の防御力が格段に上がっている事に驚いた。アッパーの被弾率があからさまに低く、しっかり距離調節しながらスカイーグルを入れてくる。また、不利フレからの暴れが随分少なくなっており、暴れ抑制アッパーが全然刺さらなかった。さらに投げ抜け率も向上しており驚きの成長っぷり。

あとは「ィヤァッ!」とか叫びながら空飛ぶタイミングがまさにカリスマ先生。

気付いてみたら4連敗と敗色濃厚。昇降ランプは点灯しないものの、さてどうしたものか。

ここでなんとなく以前クロ戦で胸に刻んだことを思い出す。
「決して攻めないで確反入れ続けて、ぶっぱを待って浮かす」

というわけで、

・調子の悪かった山ステは捨てて素直に立ちガード
・ダーティーは基本捨てる
・自分から仕掛けない

それらが当たったのかなんとか4連勝して五分に戻す。

そこから接戦にもつれ込み、若干劣勢になったのだが、このあたりから徐々にペースをつかみ始める。
負けた試合も不運なだけに思えて、自分のやることがハッキリしていた。

ほとんどの試合は接戦なんだけど、結果的に5連勝くらいして相手が降格。

ちなみにスティーブ対策でよく打ってる日向砲ですが、このスティーブは中下段の比率が高すぎなのであまり振りませんでした。
まあ日向砲収支を出したら確実にプラスなんだけど(笑)



あと池上さん(ドラグノフ)との試合が実に接戦で面白かった。

ただ第一の関門は対戦以前の問題。
画面が若干暗かったため、暗いステージでのドラグノフがよく見えない(笑)
てか本気で見えない。「マジ?こんなのとやるの?」って普通に思いました。
迷彩色ですかそうですか。

その後別の台に移ってからは解消。

試合は池上さんの堅実な立ち回りに尽きる。
置いとけアッパーがとにかく当たらない。こんなに当たらないのは初めてってくらい当たらない。
おまけに山ステが速くて立会いからしゃがみ択を狙えるような相手ではない。

かといってドラグノフも崩していけるようなキャラじゃないので、中間距離での睨み合いがひたすら続く、見た目的につまらないがやってる方はなかなか面白い試合展開に。
こういう読み合いが一番楽しいかもしれない。

勝敗はというと最初は勝ってたけどすぐに対応されて、ほとんど五分かこちらが劣勢の試合をしてました。
てか対戦しててやはり力あるなーって感じましたね。強いです。



そんなところでスタミナも切れてきたので帰宅。
段位は焦げるにはまだ遠いし、それ以前に同段いないし、DR終了までこのままなのかなぁ。
6を楽しみにしながらまったりやっていきたいと思います。

対戦してくれた方々ありがとうございました!
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

あぽ

  • Author:あぽ
  • 鉄拳2から吉光でやってます。
    日記とか面白い文章では他に敵わないんで攻略が主です。
    どうぞよろしく。
  • (C)'pure
  • (C)AlphaWolfy
表示中の記事
  • 2007年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年10月29日 (月)
羅刹対策としての華輪
2007年10月26日 (金)
ヘイルストームの確定反撃
2007年10月17日 (水)
吉光攻略DR最終版
2007年10月09日 (火)
札幌遠征 07/10/06
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
【鉄拳6】吉光攻略
【DR】吉光攻略:データ
【DR】吉光攻略:実戦的コラム

厄払い後の状況考察
壁際夏茜後の状況
背面確定の軽減
受け身確定飛空剣
投げ抜け後の状況
雫後の状況
意匠惨憺後の状況
壁叩き付けからの地雷刃
壁際陽炎叩き付け後
バレリーナローキック
震電の地上コンボ
ホールド入力のススメ
壁際さばき獄門
華厳受け身確定
華厳受け身確定その2
壁際露払いと地雷刃
運ぶコンボ理論
対マードックコンボについて
受け身確定JRK
シットスピンとスイープの違い
無敵タックルの対処法
卍葛による壁際受け身確定
壁際起き攻め・鬼山魔
ダウン~卍あぐらの使い方
厄払い後の後転に対して
社~紫電菊後の起き攻め
壁やられにLP後の状況
華厳~紫電菊 後転受身最大確定
BDからアッパーがたまに出ない理由
櫓落としをミスらないために
鋼閃華の使い方
擬似しゃがステ櫓落とし
羅刹対策としての華輪
震電を何発で止めるべきか

【DR】吉光攻略:ネタ
【DR】吉光攻略:対戦攻略
【DR】吉光攻略:コンボ
【DR】キャラ対策:全般
【DR】キャラ対策:確定反撃
【DR】キャラ対策:技対策
【DR】その他:調べ物
【DR】その他:コラム
ブログの更新率

Copyright ©鉄拳の覚書. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。