鉄拳の覚書

鉄拳について気ままに書いてるモノ。吉光中心。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

吉光攻略DR編 立ち回り

2006.06.25

category : 戦術

■立ち回り

基本はあまり攻めずに下がり、スカし確定を狙いつつ、相手に攻め込まれないよう適度に技を置く。

●技を置いておく

置き技の基本としては右アッパー。ただしスカり硬直がかなり少ない技ではあるが、読まれれば入れられるレベルなので、あまり不用意には置かないこと。
アッパーのスカりを見て攻め込もうと近付いてくる相手には、アッパー>アッパーや、アッパー>隼がよく刺さる。攻めてくる感じがしたらぶっぱなす価値はあるが、読まれたら逆に浮くので壁の位置などを見てリスクとリターンを考えよう。
その他に置き技として使えるスカ硬直の少ない技は、ジャブ・ミドルK・トゥースマなどがある。この中でもミドルKは発生までくらい判定が後ろの方にあるため割り込まれにくい。BD>ミドルKなどは非常に潰しづらく、なかなか堅い行動。ただ、技の戻りは前に判定があるため、読まれればスカ確定は簡単なので注意しよう。

●スカし確定を狙う

立ち合いでアッパーなどを当てないとあとは華厳を当てるか投げるかくらい崩し要素しかない吉光は、相手の技のスカりは常にチェックする。常に相手の置き技が当たらない位置を保ち、スカった瞬間に狙うとやりやすい。が、狙いがバレると逆に攻め込まれてしまうので注意したい。そのために置きアッパーも適度に置いておく。当然これも読まれると逆にスカ確を入れられるが、このへんは駆け引き。
その他、若干発生が遅いが突衝もスカ確として狙える。リーチがやたらと長いので、適当に遠めに距離をとっておき、相手がなんか動いたと思った瞬間に突衝を出すだけでも結構当たる。もちろん、しっかり見てからスカ確を入れられるのが理想。
これを意識させると相手はアッパーが届かない距離でも気が抜けないので、多くのプレッシャーをかけられる。読まれた場合のリスクが大きいので多用はできないが、意識させることが重要。

●無想で相手を誘う

無想中は、こちらの選択肢は伽藍と振り向き技全般が出せるのでステータス技は揃っており、読み合いにはなるが、リスクが基本的に高いのが問題。相手がわからなければいいが、わかってくると明らかに不利な読み合いなので多用はできない。
相手がほとんど攻める素振りを見せない時、「無想を見られてから攻められても間に合わない距離
」で一度回復して向き直るという使い方が基本か。どちらかといえば吉光の体力回復というよりも相手の忍耐力を削るのが目的の技。
同時押しをミスって稲妻や日向砲に化けるということは吉光使いの人なら一度はやったことがあると思うが、あれで浮かされ>壁>KOはヘコむ。その問題もあり多用は危険。

●攻め込む

体力的に不利になってきたら攻め込むしかないが、攻め込む場合、吉光には便利な技がない。ワンツーやショートアッパーがあれば適当に接近戦に持っていけるのだが、それがないのでおもむろにステップインして距離を詰めるか、ロングレンジスローで迫るか、露払いを意識させつつ近付くくらいしかない。
これらは当然相手の置き技に引っ掛かってしまうので、そのための布石としてウンザリするくらいスカ確を狙う事が重要。
無事に近付いた後は、接近戦の項を参照のこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

あぽ

  • Author:あぽ
  • 鉄拳2から吉光でやってます。
    日記とか面白い文章では他に敵わないんで攻略が主です。
    どうぞよろしく。
  • (C)'pure
  • (C)AlphaWolfy
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 吉光攻略DR編 立ち回り
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年06月25日 (日)
  • 01時36分49秒
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
【鉄拳6】吉光攻略
【DR】吉光攻略:データ
【DR】吉光攻略:実戦的コラム

厄払い後の状況考察
壁際夏茜後の状況
背面確定の軽減
受け身確定飛空剣
投げ抜け後の状況
雫後の状況
意匠惨憺後の状況
壁叩き付けからの地雷刃
壁際陽炎叩き付け後
バレリーナローキック
震電の地上コンボ
ホールド入力のススメ
壁際さばき獄門
華厳受け身確定
華厳受け身確定その2
壁際露払いと地雷刃
運ぶコンボ理論
対マードックコンボについて
受け身確定JRK
シットスピンとスイープの違い
無敵タックルの対処法
卍葛による壁際受け身確定
壁際起き攻め・鬼山魔
ダウン~卍あぐらの使い方
厄払い後の後転に対して
社~紫電菊後の起き攻め
壁やられにLP後の状況
華厳~紫電菊 後転受身最大確定
BDからアッパーがたまに出ない理由
櫓落としをミスらないために
鋼閃華の使い方
擬似しゃがステ櫓落とし
羅刹対策としての華輪
震電を何発で止めるべきか

【DR】吉光攻略:ネタ
【DR】吉光攻略:対戦攻略
【DR】吉光攻略:コンボ
【DR】キャラ対策:全般
【DR】キャラ対策:確定反撃
【DR】キャラ対策:技対策
【DR】その他:調べ物
【DR】その他:コラム
ブログの更新率

Copyright ©鉄拳の覚書. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。