鉄拳の覚書

鉄拳について気ままに書いてるモノ。吉光中心。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

初めまして

初書き込みです。

現在、3段で勝率40%の吉光です。
鉄拳は初代からやってますが、吉光使うのはDRからの初級者です(^_^;)

先日、ドラグと対戦したのですが、上・中・中/上・上・中のコンビネーション(名前忘れました・・・)でいいように固められ、処理されてしまいました。

相手を壁際に追い込んだときの攻めはいい感じなのですが、固められたり待たれたりするとなかなか打開できない感じです。

このサイトや動画を拝見させていただいて、色々と参考にさせていただいています(^^)ゝ
王には程遠いですが・・・

p.s 鋼閃華・・・当たります!(笑)

2007.10.12  SYM  編集

SYMさん、はじめまして~。

ドラグのコンビネーションはおそらくジャブから派生するものでしょうか。
3発目をガードしたら確定反撃があるので、それ以外は放置しとくといいかもですよ。

固められたりしても知識あれば乗り切れるのでがんばりましょう!
このサイトが参考になれば幸いですー。

鋼閃華…役立ってるようでなによりです(笑)

2007.10.13  あぽー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

吉光攻略DR編 接近戦

2006.06.26

category : 戦術

■接近戦

▼有利フレームをとったとき

吉光には常にプレッシャーをかけられるような下段がなく、8Fや10Fカウンターで大きい技があるわけでもない。なかなか有利フレームを生かす技に乏しいキャラである。

●しゃがんでプレッシャーをかける

そんな吉光もしゃがんでみると露払いという技がある。発生が速くダウンを奪える下段なので、相手は警戒せざるを得ない。そこから、卍裏跳び蹴りなどの中段と華厳を狙う。相手の選択は暴れ・立ち・しゃがみの3択なので、読み合いをわかっている相手ほど引っ掛かりやすい。吉光に慣れていない相手ならば、潰されるまで華厳打つくらいの気持ちでいいと思う。
3択についてだが、リスクを背負いたくないなら卍裏跳び蹴りが安定。露払いと華厳は左方向に弱いので相手の右横移動でかわされてしまうのだが、卍裏跳び蹴りは両横に多少強く、横移動を抑制できる。また、ジャンステ暴れも叩き付け、スイープまで確定し、ガードされても確反がないため優秀。
また、卍裏跳び蹴りの代わりに隼を狙うこともできるが、山ステにスカり、ジャンステ暴れにも空中ヒットして追撃が右ロー程度なので、単純にしゃがむ相手にしか狙いにくい。
基本的に山ステをされると隼、華厳、果ては卍裏跳び蹴りまでスカる。露払いはリーチが長いためかわすことはできず、山ステ中にガードするのも難しいのだが、露払いのリスクとリターンが噛み合っていないためこちらも多用したくはない。山ステはほんとに困る。山ステの速度は吉光対策として大きな部分を占めていると思う。こういう場合はあまり付き合わずに、右ローなどでチクチクやって捌きを意識させたい。

●投げる

吉光がしゃがまない限り相手はしゃがむ必要がないので投げる事は重要。生半可な投げ方では当然抜けられるのだが、特にノーリスクなので問題ない。相手の打撃を吸った場合はほとんど決まる上、ロングレンジなら横移動も追尾するので使っていくべき。
特に、投げはあらかじめ読んでいないとしゃがんで浮かすということは難しいため、しゃがみ状態からとっさに出せる浮かし技を持っていないキャラには図々しく狙ってもいい。

●ローキック

安い上に不利フレームになるが、とりあえず当たる。
右ローならば発生が早いため、暴れも抑制できる。ヒット後は-2Fだがしゃがみ状態なため、相手のジャブは隼で潜ることができる。中段は横移動で回避することができるので、読み勝てば強い。また、しゃがみLPならば発生13F以上の中段に勝てるので、相手の攻撃のほとんどを止めるいやらしい行動となる。
これらを嫌った場合の相手のその他の行動・横移動やBDに対しては、前進右ローで安定。迷いなく打って不快感を与えることが重要。前進右ローを当てた後は-4Fなので、まだ中段を横移動で回避はできる。しかし、暴れは危険なので禁物。ジャブには相変わらず隼で対応できるが、下がられた場合にはスカるので安易に出してはいけない。

●相手は暴れ安定!?

吉光相手に不利フレームをとられても暴れはローリスクハイリターン行動。固まる相手に対して吉光がダメージをとるための行動はまずしゃがむか後は投げるくらいしかなく、ジャブやアッパーで固めるということはない。というかできない。そのため、ライトゥーのようなジャンステ技で暴れた場合、吉光のしゃがみを潰すことができ、投げも当たらない。また、他キャラのように「ショートアッパーが空中ヒット~コンボ」ということもほとんどなく、ピンポイントで読まれない限りローリスクハイリターンな行動となる。
これを防ぐため、吉光側の対策としては単純にジャブや、発生の早い中段のミドルKなどを置いておく。有利フレームで押していけるキャラではないので、相手のクセをみながらたまには様子見することも重要。

▼不利フレームをとったとき

不利フレームでミラクルを起こせる技を多数持っている吉光。センスで暴れてもいいが、ここぞという場面では経験と知識がものを言う。

●-4くらいまでの不利の場合、暴れ有効。横移動も視野に入れて

このくらいの不利ならば、ショートアッパー系の中段は横移動で回避することができるので、それをかわして隼を狙いたい。相手の連携をよく見よう。潜り性能があるので、相手の中~上という技の2発目を潜りながら当たったりもする(平八の無双掌波など)。
また、このくらいの不利ならば吉光ブレードでジャブにすら割れるので、密着状態の場合には吉光ブレードの期待値がかなり高い。例えばリリのアルトロデオ(66RK)ヒット後などに出すと、リリにとってはかなり攻めづらくなる。
その他では隼も使いやすく、10Fのジャブならばほぼ潜れると思っていい(潜りにくいキャラもいる)。こちらがしゃがみ状態の場合は中段を潜ることもあり、やった瞬間にクソゲーと言われる可能性があるが、潜れる技は把握しているようにしよう。

●-7くらいまでの不利の場合、ブレードが狙い目

大幅に不利だが、確定がない状態。このくらいの状況になると中段を横移動でかわすのは難しい。他キャラであればよほどの場合でない限り固まるしかない場面だが、吉光は暴れても文句を言われない。毎回暴れてはいけないが。
ここでまたしても吉光ブレードという技がある。発生5Fなので、相手の12Fの技と相打ち。特に12Fの中段を持っていないキャラに対しては、(密着状態ならば)中段は全て潰せると思っていい。ジャブには勝てないがしゃがむことができ、相手がブレードを待って固まっていればそのまま攻めることができるので、どっちが有利かわからない読み合いになってくる。
この状況を実現する手近な技としては卍裏跳び蹴りがある。この読み合いだけでは勝てないのでやり過ぎはよくないが、一つの突破口にはなる。
そのほか、華輪という技もあるが、これは「かわせる技・その状況・回避後の反撃」を知った上でないと使いづらい。効果的に技をかわす一例としては、カズヤの腿砕きを大幅不利からかわして裏拳を入れたりすることができる。相手の困った連携があったら、調べてみるのも一つの手。
スポンサーサイト

コメント

初めまして

初書き込みです。

現在、3段で勝率40%の吉光です。
鉄拳は初代からやってますが、吉光使うのはDRからの初級者です(^_^;)

先日、ドラグと対戦したのですが、上・中・中/上・上・中のコンビネーション(名前忘れました・・・)でいいように固められ、処理されてしまいました。

相手を壁際に追い込んだときの攻めはいい感じなのですが、固められたり待たれたりするとなかなか打開できない感じです。

このサイトや動画を拝見させていただいて、色々と参考にさせていただいています(^^)ゝ
王には程遠いですが・・・

p.s 鋼閃華・・・当たります!(笑)

2007.10.12  SYM  編集

SYMさん、はじめまして~。

ドラグのコンビネーションはおそらくジャブから派生するものでしょうか。
3発目をガードしたら確定反撃があるので、それ以外は放置しとくといいかもですよ。

固められたりしても知識あれば乗り切れるのでがんばりましょう!
このサイトが参考になれば幸いですー。

鋼閃華…役立ってるようでなによりです(笑)

2007.10.13  あぽー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

あぽ

  • Author:あぽ
  • 鉄拳2から吉光でやってます。
    日記とか面白い文章では他に敵わないんで攻略が主です。
    どうぞよろしく。
  • (C)'pure
  • (C)AlphaWolfy
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 吉光攻略DR編 接近戦
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年06月26日 (月)
  • 01時47分38秒
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
【鉄拳6】吉光攻略
【DR】吉光攻略:データ
【DR】吉光攻略:実戦的コラム

厄払い後の状況考察
壁際夏茜後の状況
背面確定の軽減
受け身確定飛空剣
投げ抜け後の状況
雫後の状況
意匠惨憺後の状況
壁叩き付けからの地雷刃
壁際陽炎叩き付け後
バレリーナローキック
震電の地上コンボ
ホールド入力のススメ
壁際さばき獄門
華厳受け身確定
華厳受け身確定その2
壁際露払いと地雷刃
運ぶコンボ理論
対マードックコンボについて
受け身確定JRK
シットスピンとスイープの違い
無敵タックルの対処法
卍葛による壁際受け身確定
壁際起き攻め・鬼山魔
ダウン~卍あぐらの使い方
厄払い後の後転に対して
社~紫電菊後の起き攻め
壁やられにLP後の状況
華厳~紫電菊 後転受身最大確定
BDからアッパーがたまに出ない理由
櫓落としをミスらないために
鋼閃華の使い方
擬似しゃがステ櫓落とし
羅刹対策としての華輪
震電を何発で止めるべきか

【DR】吉光攻略:ネタ
【DR】吉光攻略:対戦攻略
【DR】吉光攻略:コンボ
【DR】キャラ対策:全般
【DR】キャラ対策:確定反撃
【DR】キャラ対策:技対策
【DR】その他:調べ物
【DR】その他:コラム
ブログの更新率

Copyright ©鉄拳の覚書. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。