鉄拳の覚書

鉄拳について気ままに書いてるモノ。吉光中心。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

あぽさんのブログほんとかわいいですね。
ぼくふぁんになっちゃいました☆
それではお休みなさい。

2006.09.12  リオック(雌)  編集

あぽが一番熱くなってたなぁ~

2006.09.13  ○  編集

>リオック(雌)
それはなによりです。
できればインドネシアに帰ってください

>○さん
待たせてごめんなさい。
でもありがとうございます!

2006.09.13  あぽー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

対戦日記09/09 札幌遠征

2006.09.11

category : 日誌

土曜日は札幌の新川にマルさん、たのさん、りんすけと遠征。
苫小牧からもミダラとユーイチが一緒に行きました。

長くなったのでページ分けます。

到着前から事件が起きる。
目的地に向かう道中、街中で急に後ろからサイレンが聞こえてきて、マルさんが警察に捕まるアクシデント発生。
黄色信号を厳しく見られたらしい。
乗り合いしてて捕まったのは初めてなので何事かと思った。

んで新川に着いたらうみんちゅさんがいるので早速やる。
闘神のスティーブ。
スティーブとか実際対策らしい対策は知らないので、とりあえず上段しゃがんで華厳を狙う。
札幌に吉光使いは少ないため、相手もあまり吉光と対戦慣れしていないと思ったので強気に華厳。
スティーブ的にも牽制に使える中段はスマッシュ程度しかないのでさほど間違ってはいなかったらしい。
置きアッパーの刺さり具合もよくて、何回かいい勝負をして少し連勝したらこちらに昇格のチャンス。
豪傑対闘神でかなり離れてるんだけど・・・ポイントがかなり溜まってた模様。
7月半ばに豪傑に上がって、それから近段戦とか全然やってなくてただひたすら室蘭と苫小牧でやってただけなんだが。
試合の方はさりげなく緊張して2本取られるも、そこから反撃開始。
最後は右投げを抜けられた後に隼をぶっぱるという暴挙に出て無双に昇格。

その後もうみんちゅさんとは結構やってました。
華厳はほどなくしてスカイハイで飛ばれるようになってきてきつくなる。
それからクイックフックカウンターが致命傷だということを思い知らされた。半分+裏返しての起き攻めなので1発で試合が決まる恐れが。置きどころもよくて結構くらってたんだけど、冷静に考えたらだいたい突衝が喰われてたか。ミドルKヒット後とか相手がBDしたくなる状況で突衝をよく打つのだが、そこを狙われてたっぽい。
ただしゃがんだら華厳がほぼ確定くさいので狙いどころでもあった。あとで思ったけど、すぐにチョッピングライト出されたら華厳負けるかも。そしたら隼があるけど・・・読み合いか。
あと対策しなきゃいけないのはダーティー。早いから対策しようがないが、やたらとくらっていた。リスクを恐れず結構強気で狙ってくることが多かったのでもっとしゃがむべきだったか。
ダーティーからのターンカッティングは左横転(キャラの向き的には右)でかわせるときとかわせないときがあったのだが、軸によるのだろうか?

それからジルさんのニーナ(無双)が入ってくる。同段戦。
と思ったら一発目で相手が降格の危機。
ニーナもよく対策がわかってないのだが、とりあえずスカ逆アイボに気をつけてアッパーばらまいて、あとはアイボリーガード後に華厳とかそういうことをしてた気がする。
なんで勝ったのか覚えてないのだが勝って、相手を降格させる。
そしたらアンナ(無双)にキャラ替え。
風神に上がれるかも!?と思ったが簡単には上がらせてくれず、アンナ戦は苦戦。
なにが辛いって全然アッパーに当たってくれない。結構攻めてくるので合掌とかもポイントポイントで放つのだがことごとくガードされてて、実にガードがしっかりしていた。
ダメージ源はもっぱら壁コン狙える位置でのぶっぱ隼だった気がする。内容はともあれ勝負的にはいい勝負をしてたのだが、若干負け越す。
ひとまずそこで同段戦は途切れたが、ジルさんの本キャラであるリーとも何回かやった。
ほんとにこの人はアッパーが当たらない。崩し要素がなくて手詰まりなラウンドも結構多かった。残り20秒くらいまで時間使ってるのに結局パーフェクトで負けてるとか。
もっと露骨にローキックで削りにいったほうがよかったかもしれない。
スライディングの警戒もあまりしてなかったのが痛かった。ガードしてた時も地雷刃が遅れてダウン判定にカス当たりのみとか悲しい。
ハマった試合は勝ってることもあったが、全体の内容的には負けてるよなあとずっと感じてたのでまだまだ。

それからしばらくしてなにやら札幌の人がいろいろ集まりだす。俺もあまりプレイヤー事情に詳しいわけではないのだが知ってるだけでもBADさん、舌ピーさん、タクさん、まーきーさんなどなど。

舌ピーさんのロジャー(無双)ともやる。初戦から相手降格の危機。
ロジャーとかも全然知らないのだが、最初のラウンドでアッパーを横でスカされてアニマルスイープ入れられた瞬間この技しか警戒しないことに決定。
壁際でテイルカッターとかくらって結局負けるが、その後2連勝して相手を降格させる。
置きアッパーが刺さっていたのもあったが、ぶっぱ隼のヒット率がやばかったように思う。
壁まで運ばれた時、壁受け身とらないで横転したらそこにナックルボムヒット~受け身とったらその場テイルが受け身に重なるとかいう連携が印象に残った。あと[LKRK]のロン・ドゥ・ヒールにスカ確入れようとしたら2発目に引っ掛かってたりとか気をつけなければならないことが多い。

BADさんともやる。相手は最初ワン(豪傑)。
ワンもわからん。ムービーで見てた程度で最低限のネタは知っていたが。とりあえず通天砲をぶっぱなしてくることが多くて、合掌でカウンターとってる場面もあった。右アッパーしゃがみヒットしたあと攻めようとしたらカウンターでもらってうわあぁあ
食事休憩を挟んで2戦したけど2戦とも勝てた。
カズヤ(無双)ともやる。またしても初戦で相手降格の危機。
よく覚えていないが奈落を出してきた気がしなかった。勝利して、相手降格。

まーきーさんのジャック(無双)ともやる。
そろそろ上がるんじゃないかと思ったらこちらに昇格のチャンス。
緊張はあまりしていなかったのだがアッパーに確反をあんまり入れれてなくて、というかこの日は全体的にちょっと意識が足りない。
ジャックはアッパーが当たりやすくコンボもでかいし突衝も横で避けにくいからかなり戦いやすいと思っているのだが、焦って攻めようとしたところを相手のアッパーに引っ掛かる。
最後は体力ギリギリの時に遠距離で無想してたらヘッドスライディングで殺されるとか。なるほどというか、ジャックはそれ警戒しないといけなかった。
結局負けて、しかしその後はアッパーと突衝がほどよく刺さって2連勝し、風神に昇格。
昇格したところでフェン(風神)に切り替わる。ここでまたしても初戦で相手降格の危機。
接近したら前掃腿が恐いのでここでもひたすら下がって右アッパー。壁際では結構受け身をとってくれるので、壁まで運んでの攻めで勝ち、相手を降格させる。

そしたらBADさんのキング(風神)が。
もしかしてこのまま雷神コースか!?とも思ったが、もう何度目かわからないがまたしても相手が初戦で降格の危機。
しかしこのBADさんのキングとの同段戦が閉店間際まで続く。
初戦を落とし、その後は忘れたが基本的に勝ったり負けたりで実にいい勝負。
何戦したのか全然覚えていないが10戦以上はいい勝負をしてたと思う。
そんな白熱してる中ふと見たらキャラセレクト画面に「11分後にカードの使用ができなくなります」とのメッセージを見る。マジか!
その後、相手に流れが傾き始めて3連敗くらいし、このままだと降格するかもな、と思ったところでカードが使えなくなって終了。
ある意味助かったのかもしれないけど、対戦拒否して段位保つ気はさらさらないのでどっちかが段位変動するまでやりたかった。

BADさんのキングは攻める時攻めるが基本的に堅い。華厳もだいたいがBDでスカされるなど対応がよくできてて何度も遅ライトゥーをもらった。あとは空コンのランニングジャガーボムを全然ミスらない。20回以上はゆうにやられたと思うが、そのうちミスが1回程度で、とんでもない精度。
立ち回りはリスクをなるべく避けるのかと思いきや横移動から未確認でライトゥー打ってくることがあったり、ダウンからのスプリングを積極的に使ってくるとか気が抜けない。
こちらはダブルフックインパクトをくらい過ぎた。慣れない上に意識してなく、ノーマルくさいのに2発目くらってることもしばしば。しゃがもうと思ったら一発止め>右ローとかだるい連携がとんでくる。
あとはボディスマの確定反撃に6RKを入れる反応が遅くて、2発目しゃがまれてボディスマとか、十連3発止め当てた後に攻めを継続したくて派生を出したらしゃがまれてボディスマなど、簡単に隙を与えている場面が多かったので反省。
投げ抜けはできてないことはなかったし、シットスマッシュを予測確認から捌いてた部分もあったので反応は悪くなかったのだが、確定反撃がダメだった。意識の低さかな。
今回はあまり確認してないスカ確とかで適当にRKRK打っちゃってしゃがまれてるとか、鬼薊も同じで、あと対戦慣れしてない一番の問題点である確定反撃の部分でミスしてることが多かったので、そこをしっかりしたい。
それでも勝ててたのは、置きアッパーと隼暴れのヒット率が異様に高かったためと思われる。

そんなところで閉店時間の朝5時になり今回の札幌遠征は終了。
本当は俺が翌朝からバイトだから早めに切り上げたいとか言ってたのだが、どうも自分が一番白熱してしまったようでこんな時間まで待たせてしまい、マルさん、たのさん、りんすけ、あと一緒に乗ってきたgさんにも本当申し訳ない。
でも今回は非常に充実した対戦ができました。対戦してくれた人も一緒に遠征した人もみんな感謝。

ちなみにバイトは辛いの一言でした。
スポンサーサイト

コメント

あぽさんのブログほんとかわいいですね。
ぼくふぁんになっちゃいました☆
それではお休みなさい。

2006.09.12  リオック(雌)  編集

あぽが一番熱くなってたなぁ~

2006.09.13  ○  編集

>リオック(雌)
それはなによりです。
できればインドネシアに帰ってください

>○さん
待たせてごめんなさい。
でもありがとうございます!

2006.09.13  あぽー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

あぽ

  • Author:あぽ
  • 鉄拳2から吉光でやってます。
    日記とか面白い文章では他に敵わないんで攻略が主です。
    どうぞよろしく。
  • (C)'pure
  • (C)AlphaWolfy
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 対戦日記09/09 札幌遠征
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年09月11日 (月)
  • 21時13分12秒
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
【鉄拳6】吉光攻略
【DR】吉光攻略:データ
【DR】吉光攻略:実戦的コラム

厄払い後の状況考察
壁際夏茜後の状況
背面確定の軽減
受け身確定飛空剣
投げ抜け後の状況
雫後の状況
意匠惨憺後の状況
壁叩き付けからの地雷刃
壁際陽炎叩き付け後
バレリーナローキック
震電の地上コンボ
ホールド入力のススメ
壁際さばき獄門
華厳受け身確定
華厳受け身確定その2
壁際露払いと地雷刃
運ぶコンボ理論
対マードックコンボについて
受け身確定JRK
シットスピンとスイープの違い
無敵タックルの対処法
卍葛による壁際受け身確定
壁際起き攻め・鬼山魔
ダウン~卍あぐらの使い方
厄払い後の後転に対して
社~紫電菊後の起き攻め
壁やられにLP後の状況
華厳~紫電菊 後転受身最大確定
BDからアッパーがたまに出ない理由
櫓落としをミスらないために
鋼閃華の使い方
擬似しゃがステ櫓落とし
羅刹対策としての華輪
震電を何発で止めるべきか

【DR】吉光攻略:ネタ
【DR】吉光攻略:対戦攻略
【DR】吉光攻略:コンボ
【DR】キャラ対策:全般
【DR】キャラ対策:確定反撃
【DR】キャラ対策:技対策
【DR】その他:調べ物
【DR】その他:コラム
ブログの更新率

Copyright ©鉄拳の覚書. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。