鉄拳の覚書

鉄拳について気ままに書いてるモノ。吉光中心。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

華厳~紫電菊 後転受身への最大確定

2007.07.25

category : 調べもの

華厳~紫電菊で裏返した後、後転受身に対しての最大確定を考える。

この後転受身は軸がずれた方向に転がる上、空中判定のうちにしか確定がない。
そのため、無防備な時間が長いにも関わらずダメージの高い追い打ちは難しい。

後転受身の転がる軸方向は落下時の向きで決まり、
受身する側から見て、相手足側なら左へ、相手頭側なら右へ転がっていく。
この左右で当たる技が結構変わってくるのが厄介なところ。

色々試したところ、ダメージがとれるのは

・相手足側 → ダッシュ>6LP>葛2発>葛5発(1,2,5)>突衝(44)
・相手頭側 → ダッシュ>鬼薊3発>スイープキック(34)

あたりが有力。

6LPは相手が裏返ってしまうと繋がらず、不安定要素アリ。大安定は卍裏跳び蹴り~スイープ。

相手足側になるのか頭側になるのかは、紫電菊の当たり方に左右される。
紫電菊の3発目(卍菊部分の1発目)がヒットしていれば足側、それ以外は頭側になると考えていればだいたい間違いない。

ただし軸の状況によっては相手の真横に位置してどちらだか判断できない場合もある。
そこで一工夫して、紫電菊の後に横移動(奥)をすれば、相手の後転受身の方向を固定することができる
こうすることで、1P側ならば6LP~、2P側ならば鬼薊~を常に狙うことができる。軸修正の結果6LPからのコンボを安定させることにもなるので、オススメの一手。

結論、後転受身読みならば奥横移動~ダッシュが◎。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

あぽ

  • Author:あぽ
  • 鉄拳2から吉光でやってます。
    日記とか面白い文章では他に敵わないんで攻略が主です。
    どうぞよろしく。
  • (C)'pure
  • (C)AlphaWolfy
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 華厳~紫電菊 後転受身への最大確定
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年07月25日 (水)
  • 21時05分06秒
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
【鉄拳6】吉光攻略
【DR】吉光攻略:データ
【DR】吉光攻略:実戦的コラム

厄払い後の状況考察
壁際夏茜後の状況
背面確定の軽減
受け身確定飛空剣
投げ抜け後の状況
雫後の状況
意匠惨憺後の状況
壁叩き付けからの地雷刃
壁際陽炎叩き付け後
バレリーナローキック
震電の地上コンボ
ホールド入力のススメ
壁際さばき獄門
華厳受け身確定
華厳受け身確定その2
壁際露払いと地雷刃
運ぶコンボ理論
対マードックコンボについて
受け身確定JRK
シットスピンとスイープの違い
無敵タックルの対処法
卍葛による壁際受け身確定
壁際起き攻め・鬼山魔
ダウン~卍あぐらの使い方
厄払い後の後転に対して
社~紫電菊後の起き攻め
壁やられにLP後の状況
華厳~紫電菊 後転受身最大確定
BDからアッパーがたまに出ない理由
櫓落としをミスらないために
鋼閃華の使い方
擬似しゃがステ櫓落とし
羅刹対策としての華輪
震電を何発で止めるべきか

【DR】吉光攻略:ネタ
【DR】吉光攻略:対戦攻略
【DR】吉光攻略:コンボ
【DR】キャラ対策:全般
【DR】キャラ対策:確定反撃
【DR】キャラ対策:技対策
【DR】その他:調べ物
【DR】その他:コラム
ブログの更新率

Copyright ©鉄拳の覚書. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。