鉄拳の覚書

鉄拳について気ままに書いてるモノ。吉光中心。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

お疲れさまでしたm(_ _)m なんか感動いたしました。6になってもヨシミツで頑張ってくださいね!

2007.10.18  臆換岬  編集

非常におもしろかった。ここを観るようになってから同段ステブが怖くなくなったり背面ブレを打つ事が多くなったりと吉光使いとしては非常にたまらなかったです。6になっても書いていただけるなら見続けていきたいと思ってます。本当にお疲れさま

2007.10.18  天照  編集

あれ?引退ですか?

いいえ ケフィアです。

2007.10.18  。  編集

初めまして九州で吉光を使っているものです。
大変参考になりましたお疲れ様です。。
あと卍体育座りにふきました(笑)

2007.10.18  nobi  編集

あぽーさん、お疲れ様でした!僕もなんだか感動しました!!
卒業式の日に先生から最後の言葉を頂いたような、嬉しいやら寂しいやら複雑な心境です(^^;
コチラを覗かせてもらうようになってから、このゲームとキャラが更に好きになったような気がします。
みなさんおっしゃってますが6でも書いて頂けるならぜひお願いします!期待してます。

2007.10.19  アルマ  編集

謝罪

まず始めに謝ります。
本当に申し訳ありませんでした。

この記事の冒頭で、

----------引用---------
DRももうすぐ終わりということで、DR最後の吉光攻略を書こうかと思います。
------------------------

と書いたんですが、どうもこれが誤解を生んでしまった気が・・・
自分の中では、「まとまった吉光攻略」のDR最終版を書くという意味で、「このブログでDR吉光を攻略するのはこれで最後」という意味ではなかったんです。

なかったんです・・・
つまり、全然やめる気ないんです・・・

ごめんなさいごめんなさい

このまま潔く身を引くことも考えましたが6が出るまで休業なんてする気ゼロです。
誤解させてしまった方には大変申し訳ありませんでした。

切腹します。
嘘です。

開幕不憂でもしてきます。

そして今後も、6が出ても続けるつもりですので、どうかよろしくお願いいたします。

>臆換岬さん
ありがとうございます。6になっても吉光でがんばりますよ!

>天照さん
ありがとうございます。お役に立てているようでうれしいです。もちろん6でも続けるつもりでいますよ!

>。さん
ヨーグルトですか? 昔やってました

>nobiさん
初めまして、ありがとうございます!
九州ですか~。地方は辛い部分ありますがお互いがんばりましょう!
普通の起き上がりなんですが体育座りに見えてしまいました・・・

>アルマさん
ありがとうございます。
そして、裏切るようなことになってしまって大変恐縮です。
拙文ですが6になっても書いていきたいと思います!

2007.10.20  あぽー  編集

はじめまして

山形で吉光使ってる者です。
ここのブログのおかげでなんとか修羅まで行けました。
お互い寒いところですががんばりましょう!

2007.10.20  ごっけ  編集

このブログのおかげで彼女ができました
あぽークオリティ万歳

2007.10.21  ななし  編集

全部読んだー

長かった。
そして初コメント。

数年前に北海道行った時は引退しそうと思ってたけどブログ見たら全然そんなじゃなくて感動。

今度こっち来る時は是非教えてね(^-^)
たぶん駆け付けるよ!
前会った時は何故かポールでやったような気がしたから、次は三島で対戦したいなー。

2007.10.22  しょちゃん  編集

>ごっけさん
はじめましてー、ありがとうございます。修羅おめです!
これからの時期寒いですよね・・・がんばりましょう!

>ななしさん
このブログの活躍は多方面に渡りますね!

>しょちゃん
ありがとう。正直田舎だから自然とやめるかもと思ったけど全然楽しんでやってたわ。
ポールやったなー。そしてやられた記憶が(笑)三島といい勝負できるようがんばるわ。
また帰るとき連絡するよー

2007.10.23  あぽー  編集

初めまして。
6前のこの時期にDRの攻略とても参考になりました。
ちょっと意識して対戦してみることにします。

これからも攻略がんばって下さいー。参考にさせていただきます。

2007.10.30  PuMpKiN  編集

>PuMpKiNさん
はじめまして~。お読み頂いてありがとうございます。
拙い攻略になるかもしれませんがまた参考になるものが書けるようがんばります!

2007.10.31  あぽー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

キャラ攻略 10/20

吉光攻略DR最終版 鉄拳の覚書 http://toboegaki.blog16... …

ina tekken・2007.10.20

TB*URL

吉光攻略DR最終版

2007.10.17

category : 戦術

DRももうすぐ終わりということで、DR最後の吉光攻略を書こうかと思います。

▼はじめに

この攻略は、吉光をゼロから始める攻略…ではありません。
少なくとも、吉光でそれなりに対戦したことがある、という人が対象です。

よって、コンボや起き攻めといった基本的な部分は省いてあります。
そのあたりの内容については過去記事として、左の「吉光攻略:対戦攻略」などのタブから参照できますので必要な方はどうぞ。

この攻略では、○○の後に××が強い、といった固定連携にはあまり重点を置かず、勝つためにはどうするか、何をするべきかという対戦における考え方や動き方について書いていきたいと思います。

*注意*
この攻略記事は筆者の個人的主観と独断の元に書かれていますので、「それはない」といった部分も数多く存在するかと思います。そのあたりは華麗にスルーするかご指導をいただけると幸いです。



攻略は基礎編・応用編・テクニック(ネタ)編の3部構成になっております。

長いので画像を入れて緩和しましたがやっぱり長いのでごゆっくりどうぞ。



▼基礎編

ここでは実戦における基本的な戦法や考え方を書いていきたいと思います。



●立ち回りで考えること

立ち回りはとにかく距離が重要です。
吉光の得意距離は、中距離もしくは密着状態です。

中距離とは具体的には、右アッパーがギリギリ届く程度の位置から、それ+相手の置き技の前進距離くらいまで。スカし確定アッパーと、接近に対しての置きアッパーの両方を睨んだ位置です。


なんとなくこんな位置

密着状態は、ブレードがハイリターンな5F中段&回避として機能するためです。これに関しては後述の近距離の項で。

立ち回りではリスクを避けるため、基本的に中距離を保って戦います
相手の技のスカりを常にチェックし、たまに空気でアッパーを置きましょう。

スカし確定に関しては全く反応に左右されると思われがちですが、それ以前に相手の行動タイミングを読む事が大切です。予測できていれば最風程度は余裕でスカ確が入ります。
また、置きアッパーに関してはセンスとか事故とかいう話かもしれませんが、これも相手の行動タイミングを読む立派な「読み」であると思います。

つまりは、よく相手の動きを見ることが大切です。

また、右アッパーをひたすら待たれている場合の簡単な対処として、突衝があります。
この技、出掛かりのモーションが右アッパーと似ているため、スカ確待ちの相手は高確率で引っ掛かります。
立ち回りで単に狙うことも重要で、相手の距離調節のバックダッシュに合わせるように使えば、バックダッシュ~しゃがみに丁度ヒットしたり、ガードされても先端ガードで確反が無いことが多いです。

射程距離の感覚を狂わせることのできる技なのでアッパーとセットで適度に打っていきましょう。



●しゃがんで択をかける時は

吉光から仕掛けて相手を崩すにはまずしゃがむ必要があります。ここから、

下段:露払い
中段:隼、卍裏跳び蹴り、厄払い、トゥースマ...
ガ不:華厳

などを駆使して攻めていきます。

このあたりの技の選択は、自分の考えよりも相手の対処のレベルが重要です。
相手のタイプには大きく分けて3つあります。

タイプ1:ぼっ立ちorしゃがみガード
タイプ2:ジャンステで暴れる
タイプ3:ひたすらバックダッシュ

まずタイプ1。これはおそらく吉光と戦い慣れていない相手で、華厳が確実に当たります。しばらくやってるとタイプ2に進化します。
タイプ2は華厳警戒が強いタイプ。これは中段だけ打ってればいいです。しばらくやってるとタイプ1に進化します。
タイプ3は吉光を相当知っています。厄介です。当たるのは密着からの思い切った露払いくらいです。密着に持っていくまでのリスクが高いので、しゃがみ択に頼るのは控えましょう。唯一強気に行けるのは、壁に追い込んだ時です。

相手に合わせて適切な割合で技を振っていきましょう。


当たるならこれだけで



●近距離で狙うこと

近距離とはここではだいたいジャブが届く程度の距離を指します。

この距離では、相手の中下段、痛いカウンター、強力な投げなどを浴びる危険性があります。
にも関わらず、吉光が狙える中下段は弱く、カウンターとる技もなく、リスクとリターンが見合う技がほとんどありません。
つまり近距離では、「吉光しゃがみ状態で有利」以外の状況は基本的に不利です。一刻も早くこの悲惨な状況から逃げ出しましょう。

とはいってもこの状況であるからこそ狙っていける技があります。

とりあえず吉光有利では特にやることないです。
唯一、相手の右横移動を読んだ場合に狙っていけるのが、震電2~6発止め。ガードでノーリスク、かつヒットで4割弱~半分くらいの期待値があります。
ただしこれも左移動スカ確で終わるので、それ以外は適当に投げてみるか、しゃがみ択に切り替えるか、ローキックで削るでもしましょう。

次に吉光不利での動き方。この状況の方がやる事多いです。

まず-4F前後くらい不利だった場合は、横移動で相手の技をスカしからの隼を狙うポイントです。また、相手のジャブを隼で潜ることも可能です(参考:隼がジャブを潜るフレーム)。


当たり前のように潜ります

また合掌も回避性能が高いため強く、通常かわせないはずの羅刹門などをかわしながら当てられます。カウンターヒットすれば約半分、確定反撃も安いので優秀な暴れ技です。

それ以上不利になると基本的には固まるしかないので、相手は2択をかけにきます。そこで狙っていくのが吉光ブレード
例えばワンツーをくらった後など、通常暴れることはあり得ないタイミングで暴れることができます。ブレードへの対処としては相性のいい技を当てるか、それが無ければ黙って見過ごすしかないため、非常に強力な防御手段となります。
これを見せることで「有利でも攻めれない」という意識を植え付けることができ、以降はバックダッシュで安全に逃げる、あるいは強気に攻めることができます。

要するに2択の前に2択を挟むことができるので、吉光の逃げ率は飛躍的に上がります。有効に使っていきましょう。


強力なブレード暴れ


警戒されたら逃げましょう

他には華輪なども使える技ですが、これは相手キャラに左右されることが多いので割愛します。



●壁際に追い込んだ時に

吉光にとって壁際は絶好のチャンス。壁攻めの強力さは全キャラの中でもトップクラスに入ります。
壁に張り付けられたらノーダメージで抜けることはほぼ不可能です。

基本的に受け身を見てから華厳。そうでなければしゃがみ前進右ローキック。受け身なし読みならば、卍芟や地雷刃を当てていきます。
壁際ダウンの受け身攻めについての詳細は以前にまとめたので、詳しく知りたい方はどうぞ(参考:吉光の壁攻め)。

壁攻めの際に考えるのは、壁から絶対に逃がさないということ。
相手の体力が残っていれば、横転方向を読んで横移動するなど、確定を捨ててでも壁から逃がさないことを考えましょう。

なぜなら壁際では、しゃがみ択の性能が飛躍的に向上し、華厳がBDで逃げれず、対の中段が厄払いや卍裏跳び蹴り、立ち途中LP~吹雪などで壁強が狙えるためです。下段も合わせると完全3択になります。6割6分でこちらが勝ちます。
このため、確定を入れて逃げられるくらいなら起き上がりをネチネチ攻める方が期待値が高いです。

壁に追い込んだ=勝ち、くらいの気持ちでいきましょう。


壁際で真価を発揮



▼応用編

ここでは基礎編の内容を踏まえた上で、もう1歩踏み込んだ戦法を書いていきたいと思います。



●立ち回りで相手を誘う

吉光を相手にすると大抵の人は右アッパーを警戒するために攻めてきてくれません。
そこで、相手の行動を誘うことが必要になります。

相手が置き技を狙っている場合は、基本的にステップインで誘い、バックダッシュで逃げてスカ確を狙います。この時普通に置き技に引っ掛からないように注意しましょう。アッパーのリーチを信じて、ちょい遠めでも大丈夫です。
打ってくるまで何度も前後しながら、動かなければしゃがんでみたりして、なるべくこちらが手を出さずに相手を誘えるとベストです。

置き技狙いに対して突衝を狙うのはリスクが高いので注意しましょう。

置き技狙いでなく、本格的にアッパーなどを待たれている場合は、非常に厄介です。
この場合、若干遠めでアッパーなどスカ硬直の少ない技ををスカらせて誘う、といった方法がありますが、上級者の場合それも通用しません。
しゃがみ択も対処されて効率が悪いとなるとやってられないので、体力リードか五分ならたまに無想でもしながらずっとお見合いしてましょう。

ただし体力をリードされている場合は攻めなければなりません。

オーソドックスな方法は、シットスピンなどのローキックでがんばりながら、スカ確を狙って様子をうかがうことです。シットスピンの後ならバックダッシュでほとんどの技をスカせます。
安いとか不毛とかいう文句は言ってはいけません。


約12回で倒せます…

また、強引にアッパーを狙う手段もあります。
おもむろに近付いて、アッパーをガードさせるつもりで打っていきます。ここでガード後に手を出してくるなら、しゃがみ、横移動、ブレードなどで崩す手段はあります。
吉光を知っている相手だと基本的にはアッパー待つ・暴れ待つというスタンスなので、ここでも攻めてはきません。その場合はステップイン~ガードで様子を見ながら執拗に近距離アッパーを打ち続けます。下手な動きはとらえて浮くことがあり、攻撃した場合はカウンターで突き刺さります。
もちろんどこかで読まれて置き技をくらう危険性がありますが、それを読めればこちらの勝ちです。

相手が手を出すならタイミング次第の五分五分なので、しゃがみ択よりは効率が良くなります。


いただきまーす



●露払いを幽霊技として使う

露払いは非常にリーチが長いです。反面、「露払いしか届かない距離」というものが存在し、その距離で吉光がしゃがんでいた場合相手はしゃがみ安定となります。
それを逆手に取り、露払い先端の位置でしゃがみます。もちろん打つ気ゼロです。それでも相手は反応してしゃがんでくれます。
そして、その瞬間にステップインして距離を詰めて再びしゃがむことで、近距離しゃがみの有利な状態に持っていくことができます。

これを警戒させることで相手の何かしらの行動を誘えるので、しゃがみを一瞬見せてからの右アッパーや、素直にそのまま露払いなどが当たるようになり、崩しの幅が広がります。

相手のリズムを崩す意味でも、オートでさばきを仕込んでおく意味でも、適当にしゃがんでおくのは大事です。


届きます



●吉光ブレードのポイントを広げる

吉光の近距離不利は絶好の暴れポイントですが、近距離の殴り合いに限ったことではありません。

まず、固まってる時に2択をかけられた時。主にステステで2択をかけられた場合など。
ここでは判断速度がものをいいます。早めに判断できれば、ブレードならば間に合って潰せます。
レバー後ろ入れでぼっ立ちするような時は常に構えていましょう。

また、技を空振りした後に相手が接近してきた場合も良いブレードポイントです。具体的な状況は、こちらの技のスカりに対して、スカ確は無理だが有利だから攻めに転じたという状況。
ここでも相手が近付いてきたということの判断速度がものをいいます。指は構えていましょう。

最後に、その場起きからのブレード。基本的に相手が有利な時のその場起きというのはダウン攻撃をガードするためにするもので、暴れは間に合わないためほぼありえません。
そこを狙って2択に来ることが多いのですが、吉光ブレードならば暴れが間に合ってしまう事が多々あるので、ここでも相手を抑制することができます。
ただし、その場起きからの行動についてはボタンのタイミングが重要になるので注意しましょう(参考:起き上がりから出せる技)。


卍体育座り



●壁へ追い込む方法

吉光の空コン運び能力は高いと言っていいでしょう。ファイナルフロンティアの開幕位置から壁コンに持っていけます。
それを踏まえた上で、常に壁の位置を意識した立ち位置を考えましょう。狭いステージならば何も考えなくてもほぼ壁に届きますが、広いステージの場合、壁に届く位置に立たないのは非常に勿体無いです。
そこで、壁に届く位置へ追い込む方法ですが、

・横移動で軸調整
・下がって入れ替える
・押し込む

といった当たり前といえば当たり前の方法があります。

横移動で軸調整に関しては言うことはないでしょう。

下がって入れ替えるにはは左投げを使うのが早いです。抜けの有無を問わずに入れ替わります。
他には櫓落とし(抜け)や露払いから卍車、左移動華輪なんかもなにげに使えます。

次に、押し込む方法。
これには、震電(紫電菊や卍菊でもよい)が非常に優秀で、ガリガリと相手をずらしていけます。壁に遠い場合はこれで距離を調節したり、壁付近まで押し込むことができます。押しながら右に回転していく点に注意。逆に言えば、壁背負いからの脱出にも使えます
他は、突衝をガードさせるとバク転1回分くらい相手を押せます。うまく先端ガードさせてグリグリ押せるとベスト。

浮いたら壁に届く、これは大事です。


使いまくってたらクソ技って言われました



▼テクニック(というかネタ)編

ここでは実戦における具体的な攻撃・防御テクニックを紹介したいと思います。



●吹雪で突っ込む

中距離の微妙な状況において、ダッシュ伸ばし吹雪で突っ込みます。
一見無謀に見えますが、実はこれ、非常に高確率でヒットします
なぜか。

まず第一に、ダッシュ風神と同じ理論で、非常に横に強いということ。
加えて、ステップイン+吹雪の前進距離が異様に長いため、普通に考えて突衝以外なにも何も当たらない、横移動しとけばそれこそ安定だという距離、あるいは露払いしか届かないからしゃがみ安定だ、というような長距離から届くこと。

つまり、長いリーチかつ横移動でかわせなく発生の早い中段。これは使いどころを間違えなければ当たります。

しかも3Fからジャンプステータスなため事故りにくく、ガードされても読まれていない限り浮かされることは滅多になく、大抵はジャブ程度で済みます。

狙いどころは、相手が攻勢でなく守勢で、なんとなく下がるな、と感じるポイント。
自分の中での鉄板は踵切りくらった後。
相手に与えるプレッシャーは多大です。思い切りが大切。


ここだ!!!



●卍菊(震電)の途中止めで相手を揺さぶる

卍菊ガード時の硬直というのは意外と少なく、ガード側はすぐに動けます。
しかし、突然卍菊を1発ガードして最速で動ける人というのはなかなかいません。大抵は遅れます。
反面、卍菊を5発程度出すと、当然ながら最速行動で反撃してきます。

ここで、卍菊を5発程度で慣らしておいて、突如1発止めや2発止めなどを使うと、大抵の人間は反応できません。「あれ、止まった」と思い、それから行動を起こします。
しかしその時点でフレームはほぼ五分か、あるいは吉光有利まであります。そこで吉光は隼をぶっぱなす、あるいは横移動で回避するといった行動をとることができます。
横移動したら遅すぎるライトゥーが飛んできてブチギレそうになったことがあるので隼ぶっぱがいいかも。

狙いはズバリ、「この卍菊何発止めだかわからない」 コレです。


倒れたらいけません



●残り1発の削り方

発生12のミドル、生ロー、ガー不の斬哭剣と、残り1発は強い吉光。

ここでさらにひとつオススメな技。
LP始動の十連2発止めおよび3発止めが非常に強いです。この技は事故率が非常に低い。
なぜかというと、発生が早く(8F)、横に引っ掛かり、しゃがみに引っ掛かり、確反が安い(12F)から。
正直言って、KO間際になったら近付いてコレ打ってるだけでそのうち相手死にます

2発目ガード時に3発目は避けられる可能性があるのでその場合はハイリスクですが、2発止めもガードで-13Fしかないので、使い分けると非常に強力です。

また、大抵の人はKO間際になると距離をとりたがるという共通の習性があります。
接近戦してたら明らかに死ぬので当然といえば当然。
そこを狙って突衝、あるいは先述の吹雪を狙っていくと、非常によく当たります。近距離でこちらが不利になったら思い切って打ってみると良いです。


空振りには注意



●露払いをバレにくくする

基本的にプレイヤーは色々な可能性を考えながら動いています。
こちらがしゃがむと相手はしゃがみ択を意識することになります。
そこから立ち上がるとしゃがみの意識は薄れ、それ以外に意識が移ります。
そこで再びしゃがんですかさず露払いを出すと、相手は対応しきれずに当たります。

つまり、しゃがみ~横移動~しゃがみ~露払い がよく当たります。
露払い警戒の強い人ほど逆に当たります。

これを強く意識させると、しゃがみ~横移動から若干間を置いての社が当たることもあります。

また、横移動中に23とすることでさらにしゃがみをバレにくくすることができます(参考:目立たずにしゃがむ方法)。

ジャンステ暴れには危険なので注意しましょう。


打つ時は迷いなく



~~~

あとがき

自分の知ってる知識・ネタなど全部書こうと思ったんですが、長すぎたり細かすぎたりでまとめられないものが多いので、主要なところだけを記事としてまとめました。だいたい今の自分が考えている対戦における考え方は書けたような気がします。
まだ色々書き忘れたものがあるかもしれませんが、それはまた別の形で追加できればと思います。
攻略としてはなんとなく抽象的なものになりましたが、吉光を使う上での何かしらの参考になることを願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでしたm(_ _)m なんか感動いたしました。6になってもヨシミツで頑張ってくださいね!

2007.10.18  臆換岬  編集

非常におもしろかった。ここを観るようになってから同段ステブが怖くなくなったり背面ブレを打つ事が多くなったりと吉光使いとしては非常にたまらなかったです。6になっても書いていただけるなら見続けていきたいと思ってます。本当にお疲れさま

2007.10.18  天照  編集

あれ?引退ですか?

いいえ ケフィアです。

2007.10.18  。  編集

初めまして九州で吉光を使っているものです。
大変参考になりましたお疲れ様です。。
あと卍体育座りにふきました(笑)

2007.10.18  nobi  編集

あぽーさん、お疲れ様でした!僕もなんだか感動しました!!
卒業式の日に先生から最後の言葉を頂いたような、嬉しいやら寂しいやら複雑な心境です(^^;
コチラを覗かせてもらうようになってから、このゲームとキャラが更に好きになったような気がします。
みなさんおっしゃってますが6でも書いて頂けるならぜひお願いします!期待してます。

2007.10.19  アルマ  編集

謝罪

まず始めに謝ります。
本当に申し訳ありませんでした。

この記事の冒頭で、

----------引用---------
DRももうすぐ終わりということで、DR最後の吉光攻略を書こうかと思います。
------------------------

と書いたんですが、どうもこれが誤解を生んでしまった気が・・・
自分の中では、「まとまった吉光攻略」のDR最終版を書くという意味で、「このブログでDR吉光を攻略するのはこれで最後」という意味ではなかったんです。

なかったんです・・・
つまり、全然やめる気ないんです・・・

ごめんなさいごめんなさい

このまま潔く身を引くことも考えましたが6が出るまで休業なんてする気ゼロです。
誤解させてしまった方には大変申し訳ありませんでした。

切腹します。
嘘です。

開幕不憂でもしてきます。

そして今後も、6が出ても続けるつもりですので、どうかよろしくお願いいたします。

>臆換岬さん
ありがとうございます。6になっても吉光でがんばりますよ!

>天照さん
ありがとうございます。お役に立てているようでうれしいです。もちろん6でも続けるつもりでいますよ!

>。さん
ヨーグルトですか? 昔やってました

>nobiさん
初めまして、ありがとうございます!
九州ですか~。地方は辛い部分ありますがお互いがんばりましょう!
普通の起き上がりなんですが体育座りに見えてしまいました・・・

>アルマさん
ありがとうございます。
そして、裏切るようなことになってしまって大変恐縮です。
拙文ですが6になっても書いていきたいと思います!

2007.10.20  あぽー  編集

はじめまして

山形で吉光使ってる者です。
ここのブログのおかげでなんとか修羅まで行けました。
お互い寒いところですががんばりましょう!

2007.10.20  ごっけ  編集

このブログのおかげで彼女ができました
あぽークオリティ万歳

2007.10.21  ななし  編集

全部読んだー

長かった。
そして初コメント。

数年前に北海道行った時は引退しそうと思ってたけどブログ見たら全然そんなじゃなくて感動。

今度こっち来る時は是非教えてね(^-^)
たぶん駆け付けるよ!
前会った時は何故かポールでやったような気がしたから、次は三島で対戦したいなー。

2007.10.22  しょちゃん  編集

>ごっけさん
はじめましてー、ありがとうございます。修羅おめです!
これからの時期寒いですよね・・・がんばりましょう!

>ななしさん
このブログの活躍は多方面に渡りますね!

>しょちゃん
ありがとう。正直田舎だから自然とやめるかもと思ったけど全然楽しんでやってたわ。
ポールやったなー。そしてやられた記憶が(笑)三島といい勝負できるようがんばるわ。
また帰るとき連絡するよー

2007.10.23  あぽー  編集

初めまして。
6前のこの時期にDRの攻略とても参考になりました。
ちょっと意識して対戦してみることにします。

これからも攻略がんばって下さいー。参考にさせていただきます。

2007.10.30  PuMpKiN  編集

>PuMpKiNさん
はじめまして~。お読み頂いてありがとうございます。
拙い攻略になるかもしれませんがまた参考になるものが書けるようがんばります!

2007.10.31  あぽー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

キャラ攻略 10/20

吉光攻略DR最終版 鉄拳の覚書 http://toboegaki.blog16... …

ina tekken・2007.10.20

TB*URL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

あぽ

  • Author:あぽ
  • 鉄拳2から吉光でやってます。
    日記とか面白い文章では他に敵わないんで攻略が主です。
    どうぞよろしく。
  • (C)'pure
  • (C)AlphaWolfy
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 吉光攻略DR最終版
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年10月17日 (水)
  • 21時38分36秒
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
【鉄拳6】吉光攻略
【DR】吉光攻略:データ
【DR】吉光攻略:実戦的コラム

厄払い後の状況考察
壁際夏茜後の状況
背面確定の軽減
受け身確定飛空剣
投げ抜け後の状況
雫後の状況
意匠惨憺後の状況
壁叩き付けからの地雷刃
壁際陽炎叩き付け後
バレリーナローキック
震電の地上コンボ
ホールド入力のススメ
壁際さばき獄門
華厳受け身確定
華厳受け身確定その2
壁際露払いと地雷刃
運ぶコンボ理論
対マードックコンボについて
受け身確定JRK
シットスピンとスイープの違い
無敵タックルの対処法
卍葛による壁際受け身確定
壁際起き攻め・鬼山魔
ダウン~卍あぐらの使い方
厄払い後の後転に対して
社~紫電菊後の起き攻め
壁やられにLP後の状況
華厳~紫電菊 後転受身最大確定
BDからアッパーがたまに出ない理由
櫓落としをミスらないために
鋼閃華の使い方
擬似しゃがステ櫓落とし
羅刹対策としての華輪
震電を何発で止めるべきか

【DR】吉光攻略:ネタ
【DR】吉光攻略:対戦攻略
【DR】吉光攻略:コンボ
【DR】キャラ対策:全般
【DR】キャラ対策:確定反撃
【DR】キャラ対策:技対策
【DR】その他:調べ物
【DR】その他:コラム
ブログの更新率

Copyright ©鉄拳の覚書. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。